地質調査のプロ

地質調査技士の技能

重機

地質調査技士

地質調査技士について、ご存知でしょうか。地質調査技士は地質調査のスペシャリストで色んな場面で活躍をしています。もしも、地質調査を検討してしているなら、地質調査技士が調査してくれる業者を選ぶといいでしょう。

活躍する場面

地質調査技士はあらゆる目的に合わせて、活躍することができます。活躍するフィールドも広く、建設を目的としている調査業務から、地震や火山などの自然災害を対象としている防災業務まで、しっかりと調査してくれます。

地質調査技士以外にも

地質調査技士以外にも応用地形判読士や地質情報管理士などもいます。応用地形判読士は地質を含む広範囲に及ぶ知識と経験、そして、洞察力が必要とされている職種です。一方、地質情報管理士とは、地質調査業に精通しているだけでなく、データの電子化や必要な情報処理能力も有しているので、安心して調査を任せる人材として、ピッタリです。

地質調査の方法で見るべきポイント

no.1

調査方法

地質調査を依頼するうえで、見るべきポイントとして第一位は調査方法です。ご自宅の目的にあった方法がきちんと選ばれているのか、適切なのかをしっかりと把握した上で依頼しましょう。一般的な調査方法としては、ボーリング調査が挙げられます。

no.2

改ざん防止機能があるか

最近では、データ改ざんが大きな問題としてメディアに取り上げられています。そのため、改ざん防止機能が第二位です。依頼する前に、業者に調査方法に改ざん防止機能があるのか、事前に確認しておきましょう。

no.3

調査の精度

住宅の安全のためにも、調査の精度についても目を向けるといいでしょう。もしも、住宅の安全性が一番と考えているのなら、ボーリング調査がおすすめです。費用は高くつきますが、液状化判定や土質試験も行いますので高精度な調査が可能です。

no.4

費用

調査方法は目的によって、多種多様ですが予算にあった方法を選択するのも、重要です。住宅の安全のためとはいえ、出費はできるだけ少なくしたいものでしょう。そんな方におすすめな調査方法はSWS試験になります。

no.5

必要期間

住宅の規模や選択した調査方法で、調査の必要期間は大きく変わってきます。ですから、必要期間が第五位なのです。特に地質調査は事前調査のデータを取得するために入念にチェックする必要がありますので、必要期間が長くなる可能性もあります。