地質調査で使用されている方法

地質調査の方法と種類

メンズ

ボーリング調査

一番、認知度が高く、施工方法として有名なのがボーリング調査です。このボーリング調査では、SWS調査や表面波探査法よりも深く距離で地質を調べることができます。そのため、ビルなどの大型建造物にはボーリング調査が用いられることが多いのです。

表面波探査法

表面波探査法では起振器によって、地震のような人工的な振動を地面に与えます。そして、その振動の伝わりやすさを離れた場所に置かれている検出器で地盤を調べる方法になります。表面波探査法のメリットは振動で地盤を調べるので、地中にある石やガラの影響が受けにくいことでしょう。

スウェーデン式サウンディング試験

スウェーデン式サウンディング試験はSWS試験と呼ばれている地盤調査です。SWS試験のメリットとしては、試験費用が安いことや既存の建物でも調査ができる点でしょう。しかし、調査員によって、試験結果が変わる事例もあるので、この試験方法を選ぶときは、業者をしっかりと選ぶ必要があります。

調査の種類

地質調査で使用される方法はこの三種類の他にも、いくつもあります。しかし、地質調査を業者に依頼するなら、このボーリング調査、表面波探査法、SWS試験ができるところをおすすめします。